土日で受講できる統合課程が見つからない!重度訪問介護従業者養成研修の探し方

重度訪問介護は、重い肢体不自由や知的障害・精神障害をもつクライアントに対して、自宅での生活をサポートするためのサービスです。

肢体の不自由や障害の有無に関わらず「住み慣れた自宅で、自分らしく自立した生活を送りたい」と考えているクライアントが必要としている介助や生活援助を行います。

障害支援区分4〜6という重い障害レベルに区分されるクライアントに対してサービスを提供するため、重度訪問介護を提供するアテンダントとして働くためには、重度訪問介護従業者養成研修の修了が必須条件となってきます。

現在ほかのお仕事をされている方や、介護の別業種で働いている方のなかには「重度訪問介護従業者養成研修を修了してから転職したいので、土日で研修を受けたい」と考えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では重度訪問介護従業者養成研修のなかでも最も取得される方が多い統合課程の内容を中心に、土日で研修を希望される方へのご案内を行ってまいります。

土屋ケアカレッジのお得なキャンペーンもご紹介いたしますので、どうぞ最後までご確認ください。

重度訪問介護に興味があるなら「統合課程」がオススメ!

先ほどご紹介した通り、重度訪問介護は障害支援区分が4~6に認定されたクライアントに対して、身体介護・生活支援・医療的ケア・移動介助・生活相談などのサービスを提供します。

重度訪問介護従業者養成研修は、クライアントの支援レベルによって以下の4種類に分類されます。

  • 重度訪問介護従業者養成研修基礎課程……障害支援区分4~5のクライアントに対してのサービス提供が可能
  • 重度訪問介護従業者養成研修追加課程……障害支援区分6のクライアントに対してのサービス提供が可能
  • 重度訪問介護従業者養成研修統合課程……重度訪問介護を必要としている全てのクライアント(障害支援区分4~6のクライアント)に対してのサービス提供が可能
  • 重度訪問介護従業者養成研修行動障害支援課程……行動障害をもつクライアントに対してのサービス提供が可能

統合課程であれば障害支援区分に関係なく全てのクライアントに対して重度訪問介護の提供が可能となるため、事業所からの需要も高く、もっとも役に立つ資格となっています。

日本全国どこでも使える資格となっており、また基礎課程や追加課程では学ぶことのできない喀痰吸引(第3号研修)や経管栄養などに代表される医療的ケアの実技について学ぶことができますので、統合課程を受講するだけで十分に重度訪問介護の知識が身につきます。

現在介護の別業種で働いているという方であっても、技術のスキルアップとして満足のいく内容の構成となっていますのでご安心ください。

統合課程を受講するには

重度訪問介護従業者養成研修は、都道府県によって認可を受けた事業者が提供しています。

統合課程の研修時間は都道府県によって若干の違いがありますが、9時間程度の講義・9時間程度の演習・5時間の実習という内容で構成されています。

受講スタイルは研修を提供する事業者によって異なります。

完全通塾型

講義・演習・実習の全てを、対面で行うタイプの研修です。

1日目に講義、2日目に実習、3日目に演習というスタイルで行うことが多くなっています。

自宅近くに研修施設がある場合は受講しやすいですが、遠方での受講になる場合は交通費や宿泊費が必要になります。

また費用相場としては、次にご紹介するハイブリッド型よりも若干高い傾向にあります。

ハイブリッド型

統合課程の研修内容のうち、講義をオンラインで受講できる形式の研修です。

長時間にわたる講義を自宅で受講することができますので、身体的な負担や交通費・宿泊費の負担が軽くなるという特徴があります。

また全体的な受講料としても完全通塾型よりも安いという傾向にあり、特に人気の受講スタイルです。

日本全国で介護業界の資格スクールを提供している土屋ケアカレッジでは、統合課程の研修を完全通塾型・ハイブリッド型のどちらでも受講可能な環境を整えていますが、圧倒的にハイブリッド型での受講スタイルが人気となっています。

統合課程の研修は、土日で受講できるの?

重度訪問介護に興味を持っている方や、介護業界への転職をお考えの方のなかには「統合課程の研修を土日で受講したい」と考える方も多くいらっしゃいます。

しかしながら長時間の講義と実習が必要となる統合課程の研修に関しては、土屋ケアカレッジをはじめとして多くのスクールで土日での開講はなく、平日の開講が主流です。

基本的に講義と実習に関してはそれぞれ決まった日程を受講すれば修了となりますので、自宅から通いやすいスクールの開講日程に合わせて、シフトの調整や有給の充当などをおすすめいたします。

土屋ケアカレッジなら祝日での受講が可能

土日で統合課程の研修を行っている事業者は少ないですが、土屋ケアカレッジなら祝日での研修受講が可能です。

また年末年始やGW、お盆などにおいても基本的には統合課程の研修を実施していますので、どうしても休日を活用して統合課程の取得を目指したい方は、土屋ケアカレッジまでお気軽にお問い合わせください。

統合課程の演習について

統合課程の研修は、講義と実習のみで修了となる基礎課程や追加課程の研修とは異なり、3日目に実習の受講が必須となります。

この実習は、実際に重度訪問介護を必要としているクライアントの元に赴いて、重度の肢体不自由をもつクライアントに対するサービス提供を学びます。

クライアントや現場の都合に合わせての日程調整になりますので、講義や演習同様に「土日で」という指定での受講は難しい場合もあります。

研修を提供している事業者に問い合わせておき、シフトやスケジュールの調整ができるように準備をしておくと安心です。

土屋ケアカレッジなら日本全国で統合課程の取得が可能!土日で受講したい場合は、事前の問い合わせを

重度訪問介護に関連する資格のなかでも特に人気が高い統合課程の資格は、重度訪問介護に携わりたい方であれば必ず取得しておきたい資格です。

特に近年では自宅で講義をオンライン受講することができるハイブリッド型の通塾スタイルが人気です。

土屋ケアカレッジでは祝日にも対応した研修を毎週定期的に開催していますので、土日での受講を検討中だった方もお気軽にお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!