土屋ケアカレッジについて

土屋ケアカレッジは、障害福祉サービスである「重度訪問介護」の支援を行う事ができるヘルパーをはじめ、未来の介護を担う人達と介護の現場をつなぐ架け橋として、創立した介護資格取得専門の教育研修機関です。

介護を担う人達が安心して、ケアを行うことができるよう、全国で様々な研修を開講しております。

土屋ケアカレッジの特徴

統合課程

重度訪問介護従業者養成研修には「基本課程」と「追加課程」、上位資格の「統合課程」があり、本校では「統合課程」を開講しています。

「統合課程」には医療的ケアの資格である第3号研修の基本研修も含まれており、これを修了すると医療的ケア(喀痰吸引、経管栄養)が必要な方への訪問介護支援にも入ることができるようになります。

喀痰吸引等研修

喀痰吸引等研修は「第1号研修」「第2号研修」「第3号研修」に分かれています。

「第1号研修」と「第2号研修」は不特定の方へ医療行為を行えるため基本研修の講義・演習等が50時間以上とそのほか実地研修が必要となりますが、本校で受講できる「第3号研修」は、特定のご利用者に対してのみ医療行為を行うため、講義・演習9時間+実地研修で医療行為を行うことができるようになります。

初任者研修(旧:ホームヘルパー2級)

介護職員初任者研修(旧:ホームヘルパー2級)は、介護職の”入門資格”という位置づけにあたります。

厚生労働省の指針に基づき、各都道府県の実施要項を満たした講習となるため、修了すれば全国どこでも適用できます。

介護職初任者研修(旧:ホームヘルパー2級)では、介護職に必要な”基礎知識・技術”を取得する研修であることから、介護職員としてはもちろんですが、家族の介護など、プライベートでも役立たせることも可能であり、自宅学習、スクーリングで「トータル130時間」のカリキュラムを受講し、筆記試験に合格することで、介護職員初任者研修の修了証を取得できます。

介護資格ではこの後に続く実務者研修、介護福祉士などの第一歩ともなる初任者研修。まずは基礎知識・技術を身につけることで将来的に必ず役に立ちます。

※2013年4月の介護保険法施行規則改正により「ホームヘルパー2級」から名称変更されました。

実地研修

実地研修には看護師が同行し、正しい知識と技能を修得したと認められるまで、実際の現場で必要な医療行為を丁寧に指導します。

また、資格を取得したあとは、本校を運営する株式会社土屋が提供する重度訪問介護サービス「ホームケア土屋」に就業することが可能です。全国に事業所を展開しており、ご希望の勤務地をお選びいただくこともできます。

さらに、働きながら実務者研修や介護福祉士といった上位資格を目指す支援制度もあり、多くのスタッフがステップアップしています。


受講者の声

愛知県 20代 女性

基礎の基礎から丁寧に教えていただき、自信がつきました!

介護未経験で受講しましたが、未経験から重度訪問介護を始める方も多いということから、基礎の基礎から丁寧に教えていただき、自信がつきました!
これから私も重度訪問介護の現場に入って社会に貢献していきたいと思います。

和歌山県 30代 男性

これまでの介護の考え方と違うところが多々あって勉強になりました!

初任者研修や実務者研修の資格を持っていますが、土屋ケアカレッジの重度訪問介護従業者養成研修統合課程は「四肢麻痺」の方を想定した実技を前提としており、これまでの介護の考え方と違うところが多々あって勉強になりました!

兵庫県 40代 女性

今後の仕事の幅が広がりそうです

「喀痰吸引-第3号研修」「経管栄養」という医療的ケアの専門的な知識を得ることができ、今後の仕事の幅が広がりそうです。
「人工呼吸器を付けても自宅で生活をしていくことはできる!」
私も介護職員としてこの希望が世の中に知れ渡っていくようにこれから介護の仕事に取り組んでいきた いと思います!

講師紹介

上杉秀貴
研修品質責任者

日々、土屋ケアカレッジの研修の品質向上に努めています。未経験の方も安心して受講できる講義を目指し、そして講師自身も講義を楽しめるようチームワークを発揮していきたいと思います。

中原しのぶ
研修品質担当

各種研修の作成及び講師、
それと賑やかし&小道具係担当です(^ω^)
楽しく解りやすい講座をお送りできるようにワーワー言いながら日々奮闘中!乞うご期待!!

成瀬絵梨
看護師

分かりやすさをモットーに、生徒さんが支援先で困らないよう実践的な医療の側面からの知識提供をしています。

統合課程、新人教育、実務者研修、実地研修の指導看護師等を担当中です♪

関口久美子
研修品質担当


各種研修を受講される方に寄り添った授業ができるよう心がけています。

皆様にお会いできるのを楽しみに精進してまいります(^^♪

土屋ケアカレッジを運営する 「株式会社土屋」とは

株式会社は土屋は「介護難民」の解決をビジョンの一つとし、支援の届いていない地域に重度訪問介護を届けるという考えから、日本全国に重度訪問介護の事業所を展開している会社です!

まだまだ「自宅で生活をしたいけれど仕方なく病院で生活をしている方」や「そもそも在宅で生活できるなんて知らいない方」は全国にいっぱいいます。

あなたもそのような方々の在宅生活を一緒に応援しませんか?

また、株式会社土屋では、「介護は3K」、「介護はダサい」というような介護業界のイメージ改善や介護職員の待遇改善に全力で取り組んでいます。

このようなビジョンに共感し、介護未経験の方や他の業種で働いていた方々がたくさん働いています。

一緒に介護業界のイメージや諸問題の解決に取り組んでくださる方をお待ちしています!

受講生の皆さんへ

この度は、数ある養成施設の中から土屋ケアカレッジHPにご訪問いただきありがとうございます。


土屋ケアカレッジは運営法人株式会社土屋が日本全国に障害福祉サービスである「重度訪問介護」の支援をお届けするためのアテンダント(ヘルパー)を養成するために立ち上げられた教育研修機関です。

その考えを引き継ぎ、今でも介護業界はもちろんの事、介護業界以外の様々な業界から志ある方を介護業界に招き、安心して介護の仕事に従事していただけるような橋渡しとなることを常に心がけて全国で研修をお届けしています。

介護未経験から介護業界に飛び込むとき、また、介護経験者であったとしても新しいクライアント(利用者)の介護を始めるとき、誰しもが不安を感じるものです。土屋ケアカレッジは受講生のそのような不安に常に目を向け、各種研修のカリキュラム等を組み立てています。

介護業界はまだまだ圧倒的な人材不足の状況です。様々な業界から志ある方が介護業界に目を向けてくださり、土屋ケアカレッジの講義を通じて自信を付け、素晴らしい介護職員として高齢化を迎えた日本の各地でご活躍いただけることを願ってやみません。



当カレッジの運営母体である株式会社土屋は、重度訪問介護業界トップの実績があることから、喀痰吸引や経管栄養など医療的ケアに関するスキルはもちろん、多種多様な障がいに関する知識とその特性に合わせた介護技術の習得が可能であることが強みであり、私たち土屋ケアカレッジでは、幅広い介護分野の基礎を無資格未経験の方が安心して学んでいただけるように、障がい福祉と高齢福祉の現場で育ったハイブリッドなベテラン講師が授業を務めております。


皆さまの多様なニーズにお応えできるように、これからも私たちは様々な講座を開講していきたいと準備をしておりますので、介護系の資格を取得するなら是非「土屋ケアカレッジ」へお越しください。

最後に、土屋ケアカレッジのロゴは土屋の「土」をモチーフにしたやわらかいシンボルマークです。しっかりとした土台から学び、これから活躍する人材が生まれていくこと、ふわふわと守られているようにも見える形には、要介護者をしっかりと包み込むことを意味し、要介護者の方からも、介護を学ぶ方からも、どちらの角度からもイメージできるシンボルマークです。精神を統一されることで自分と向き合う座禅を組むような姿にもみえ、介護に真剣に向き合う姿勢を表します。


土屋ケアカレッジ一同、皆さまと“福祉業界への架け橋”になりたいと願い、一日でも早く皆さまにお会いできる日を心待ちにしております。